大阪北部地震における墓石、灯篭のなおし

 2018年6月18日に発生した震度6弱の地震で 多くの墓石や灯篭がズレや転倒をしました。現在、2人一組で元に戻す作業をしております。また 二人で持ち上がらない場合はクレーンや三又にチェーンブロックをつけて行います。

 

竿石の修理

(竿石のズレをなおす方法)

写真①:竿石を傾かせ台木で持ち上げる。

写真②:隙間に耐震ボンドを注入。

写真③:そっと傾かせて耐震ボンドを注入。

写真④:最後に目地仕上げ

(兵隊墓竿石のズレをなおす。)

写真①:転倒した兵隊墓。

写真②:たたいてセメント落とし

写真③:台木を入れて耐震ボンドを注入。

(灯篭、狛犬のズレなおし)

写真①:三又にチェーンブロックをセット

写真②:上から順に解体していく。

写真③:狛犬のなおし

ホームページ QRコード

YOUTUBE

御影石 割肌、コブ仕上

Google+ページ

facebookページ